トップページ

いくらぐらいのものを贈ればいいの?

出産祝いのお金の相場

出産祝いをあげる機会は少ないので、いったいどのくらいの金額のものをプレゼントすればよいのか、全く見当が付かないという方も多いのではないでしょうか。

出産祝いを選ぶ前に、まずは一般的な金額の目安について学んでいきたいと思います。

会社の同僚にはみんなで5千円~1万円

職場によっては人数も多く、その都度、高価な出産祝いを贈っていては大変です。 みんなで1,000円ずつくらい出し合って、5,000~10,000円くらいのプレゼントを選ぶとよいかと思います。

もしすでに他の人にあげたことがあれば、同じくらいの金額ものを贈るようにしましょう。 人によってあまりにも金額が違うと、トラブルの原因にもなりかねませんので注意が必要です。

贈るものとしては、おむつケーキがおすすめです。
産休中で欲しいものが聞けないということもあると思います。

おむつはたくさん使うもので、好みに左右されないというメリットがあります。 見た目もボリュームがあるので、みんなであげるのに向いていると思います。

友人には3~5千円、親友なら5千円~1万円

出産はとってもめでたいこと。友人が出産したら盛大に祝ってあげたいですよね。

友だちにあげる場合は、だいたい3,000~5,000円くらいのものをプレゼントするとよいかと思います。 親友なので特別豪華にお祝いしたいということであれば、5,000~10,000円くらいのものを選びましょう。

贈るものとしては、洋服セットがおすすめです。
産まれた直後に着るようなものは、もうすでに揃えてしまっているので、あまりたくさんもらってもいらないかもしれません。

せっかくあげても着る機会がないまま小さくなってしまうこともあり得ますので、少しサイズが大きめの服をあげるとよいと思います。

兄弟・姉妹には1~3万円

一生に何度も無いビッグイベントですから、この時ばかりは少し奮発して、10,000~30,000円くらいのものをプレゼントしましょう。

赤ちゃんに必要なものはほんとにたくさんあり、出産直後は何かとお金がかかります。 その為、ベビーカーベビー布団など、少し高価な実用品を贈ると喜ばれると思います。

その時は勝手に買ってしまうのではなく、本人に欲しいものを確認した方が良いでしょう。

出産直後から使うものをあげるのであれば、出産前に買って贈ってしまっても良いかもしれません。 そのあたりは家族ですから、直接本人と相談して決めてしまいましょう。

こんな人にあげる場合はどうする?

いとこや叔父、叔母など親戚にあげる場合は、5,000~10,000円くらいのものを選びましょう。

隣人にあげる場合は、新密度にもよりますがだいたい3,000円くらいがいいでしょう。 あまり高価なものをあげてもかえって迷惑になることもあります。